« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

温泉

Imgp8791_1 Imgp8805 Imgp8807

仙台の奥座敷の秋保温泉に行ってきました。奥羽三名湯(飯坂温泉、鳴子温泉、秋保温泉)で御泉(天皇家御用達温泉)の一つだそうです。弱塩泉でナトリウムやカルシウムが豊富で舐めると塩辛い味がします。肌のヌルヌル感はなく透明です。ゆったりとした時間のなか癒してくれる温泉でした。宮城の銘酒”浦霞”を頂き”良い気持ち”の時間を経過していきます~~~

2007年6月28日 (木)

梅雨晴れ

Imgp8670 Imgp8671 梅雨の合間の気持ち良い快晴の一日です。景色が透明感に溢れています。心全体が晴れ晴れとして爽快な状態になります。夕方は、平戸で”酒好きな仲間”とビールで乾杯し大宴会です。地元の鯨の刺身と新鮮な魚の刺身を食して”梅雨晴れ”の気持ちそのままに泥酔して楽しい夜でした~~~

2007年6月27日 (水)

大バエ灯台

Imgp8601_1 Imgp8597 夕方、霧が晴れ日差しが見られ”大バエ灯台”に行ってきました。島の最北端にあり玄界灘の航海安全の防人の役割を果たしています。壱岐*対馬*五島の方が広く見渡せ広大な眺めです。遠く水平線の方を大きな船が航海しています。綺麗な夕日は見られませんでしたが自然のダイナミックな佇まいを思わされた時空でした。今夜は、緩やかな自然の時間の余韻を感じつつ、缶ビールを旨く一気に飲みほし東北の酒を飲みつつ、テレビで”悲しい酒”の歌を聞きながら酔っていきました~~~

2007年6月26日 (火)

水たまり

Imgp8530_1 Imgp8532_2 雨の日が長く続きます。ふと、地面を見ていると”水たまり”が出来ていて空の世界が映っています。空に目線を向けると”水たまり”の世界がそびえています。二次元の世界から三次元の世界への移動です。同じものを見ているのに異質の物ですね!本当は、どちらの空間が真実か解らなくなるのが人の世界かも知れませんね!牛肉のコロッケも豚ミンチが混じってると思えば(報道で事実が解れば)旨くないでしょうが、何も思わないなら極上品で最高のコロッケでしょう!はたして、酒を頂いて陽気に良い気持ちでいる自分と、反対に酒飲んでないでストレスをいだいてる自分とは異なるのでしょうか?今は、深夜で仕事で酒飲まないでブログしています~~~丑三つ時の時間は異様の雰囲気です~~~

2007年6月25日 (月)

濃霧

Imgp8501_2 最近は、霧の中のImgp8498_2住人です。生月島の地形環境は変化に富んでいます。海と山が接近しており、いろんな風が通りすぎていきます。たとえば、乾燥した爽やかな風や湿気を重く含んだ厳しい風が吹いています。気候の変化に富んでいます。厳しく在るようですが、自然の空気や水や環境に清潔感が漂っているようです。丁度、海底の山の水面に近い岩礁の海流の早い環境に似ているようです。風と潮流と同じ関係が在るようです。それにしても、毎日毎日が霧の中でいることで自然と人の調和の大切さを感じています。

2007年6月24日 (日)

ごぼう餅

Imgp8505_1 Imgp8527 「goboumoti.htm」をダウンロード

平戸銘菓の”ごぼう餅”です。知る人ぞ知る茶道和華菓子です。素朴な質素な味覚が現代的感覚にマッチしているかもしれません。元来は、家庭で作られる菓子でしたが伝統を重んじて和菓子屋さんで作られて好評のようです。言われは、ごぼうのようで(昔は、ごぼうのように長かったようで)という説と中国人の”ごぼうさん”が茶菓子として作った説があるようです。平戸は、外国貿易の地であり海賊貿易(倭寇)の中心の松浦藩で裕福だったのでしょう。黒砂糖や白砂糖を使って米を主体にした”ごぼう餅”を創作したのです。今日は。昔の平戸を偲び茶でなく酒を頂きながら日曜日の夜を過ごして行きます~~~

2007年6月23日 (土)

故郷

Imgp8506_2 Imgp8509_2 今の風景は、日本の四季を感じ日本らしい季節を感じます。田植えや梅雨や夏至やアジサイやツバメや蛙などの鳴き声や山河の変化に、”故郷”を視覚的に聴覚的に心情的に体感し躍動感を感じるようです。夏至の日中は最も長く、夜は深く暗くて(西日本新聞の解説欄から)短いようです。遅寝早起きで、”故郷”のメロディーを聞きながら酒の嗜む時間が増して行きそうです~~~

2007年6月22日 (金)

ダイヤモンドの輝き

Imgp8493 Imgp8491 梅雨の時期は、驚きのステージが突然に!身近な所に在るようです。島の梅雨時期は、周りが海で急峻な断崖があり島の大きさの割りに高い山があり自然の姿に感動があります。家の玄関の前、野草の花の中に”ダイヤモンドの輝き”の葉の上の雫が印象的です。濃霧と自然の地形が為しえる芸術です。みずみずしい気持ちになり、自然ガーデンでプレニアムビールを飲んでみたいなーという衝動にかられる一日でした~~~

2007年6月21日 (木)

一ヶ月

Imgp8479 Imgp8481 此の島に来て一ヶ月になりました。長いような短かったような不思議なくらいの気持ちです。生命力が湧き出てきて心身ともに調和がみられ良い感じです。金属的疲労のような非可逆的な悲壮感とか抑うつ的状態や嫌なトラウマは軽快していっているようです。”時は金なり”と言いますが、人にとって、時間を越えた自己コントロール不能な予測外の突然の変革は必要なことかもしれません。男性的な自然の”空と海と風”を感じている時空に素直に感謝しています。今夜は、夜釣り灯を遠望しつつ静かに酒酔いして良い気持ちです~~~

2007年6月20日 (水)

Imgp8468 Imgp8442 家の周りは、自然に恵まれており花や草木や昆虫や動物を身近に感じます。昼間から蛙の鳴き声の合唱隊が田んぼの中でカラオケをしています。その中で困るのは蚊が多いことです。蚊取り線香の消費が多くなっています。それでも、昔ながらの自然を感じている時間が、身近に在ることの爽やかさや素朴さや美しさを堪能しています。玄関の前で”一生懸命にDNAの為すがまま花密を吸っている蝶”を昼休みの時間にデジカメ出来て良かった一日でした。今晩は、前日の酒酔いも残り夜勤仕事の為”ノンアルコールの日”でスローに時間が過ぎて行ってほしいと待機中です~~~

2007年6月19日 (火)

地元で酒宴

Imgp8432 Imgp8435 楽しい酒は最高です。酒を飲まない人には失礼ですが、タバコを吸えない自分にとっては”愉快なドンキー”な世界なのです。今夜は、思い切りに酒と友と遣り過ぎ周りの人に御迷惑かけたようです。皆さん!真にすみませんでした。明日の一歩と鋭気と活力を得た夜でした~~~

2007年6月18日 (月)

バイクライダー

Imgp8429 Imgp8333 島の週末は、何処からとなく”バイクライダー”達が多く観えています。単なる観光でなく”スポーツ感覚的バイククルージイング”で多人数や単独で走っています。気持ち良さそうだしカッコ良いし”バイクライダー”の精神を感じるようです。バイクの免許を取ろうかなと思います。島の男性的な景色や風や夕陽や潮風を感じて、世界一の生月大橋で爽快なパノラマの中を一人でオンロードしてると生きているぞ!という心にきっとなっているようです。だから、リピーターが多いようです。きっと、私は”バイクライダー”で感動ばかりでビールを飲んでいるでしょうから運転は困難のようですね~~~

2007年6月17日 (日)

無私

Imgp8400 Imgp8320 西日本新聞の”九州の100冊”の城山三郎の”落日燃ゆ”の書評に感銘を受けました。戦後A級戦犯で絞首刑になった福岡出身の唯一総理大臣だった広田弘毅の生き様を描いた小説です。”無私”の姿勢で”自らを計らぬ”の精神で生き方をとうしてきた清潔さと無欲と責任感が素晴らしいと思いました。戦後と現代の広田弘毅の激しい評価はあるようですが、今の時代に必要な人材と考えます。”風車、風が吹くまで昼寝かな”の句に感動しました。今日のブログは西日本新聞社の抜粋ですが、”落日燃ゆ”の原作者の城山三郎さんは今年3月に亡くなられておられます。今日は、ゆっくり”落日燃ゆ”を熟読しようと思った一日でした。夜は、大好きな鮑を頂いて刺身にしてハラワタ(牛の角)と美味しく食して白ワインで最高でした~~~

2007年6月16日 (土)

散歩

Imgp8390 Imgp8388 梅雨天気で日差しを感じる時間が少ない日々が続いています。夕方、ようやく昨夜の暴飲暴歌(カラオケ)での二日酔いから醒めて”どん×3の森公園”を散歩しました。新緑の木々のなか爽やかな風を感じて心地よい時間を過ごしました。そして、花が可憐に美しく咲いていたのでデジカメにおさめました。途中、焼きそば屋で焼きそばとビールを頂いて”迎い酒”しました。焼きそばは極細麺で酢醤油の漬け麺でした。変な食べ方があると思いつつ食べてみてビックリで旨くて健康的な焼きそばと思いました~~~

2007年6月15日 (金)

久しぶり

Imgp8378 Imgp8361 今夜は、佐世保で 友人と宴会で酒の中に浸かるぐらい大酒しました。”久しぶりの過換気症候群状態”で泥酔しカラオケを喉が嗄れるほど歌いまくり楽しい時間を過ごしました。ようやく、体力と気力と酒を飲む元気も回復してきているように思います。酔うとコンビニで買い物する癖も回復したようです。弁当や酒のツマミやアイスクリームや酒を買うのが癖であり、都会に出てくると田舎に無いものに対して欲がでてくるようです。俗に言う”田舎もん”なんでしょう。思いきり酒を浴びて愉快な楽しい一日でした~~~

2007年6月14日 (木)

断崖

Imgp8278Imgp8154 島の西側は、断崖の景観が連なり男性的な自然風景です。人が住むような場所は無くて昔のままで人工的なものは無くて圧倒されます。大昔に海底の地盤が突然に隆起して出来た島のようです。“柱状節理”の塩俵の断崖が観光地で有名で不思議な癒しの心にさしてくれます。一見、自然崇拝的な気持ちになっるようです。夕方、遠く西の水平線に目をやれば自然の大きさを思い知らされます。そこで、ビール缶をギューと一気に飲みほすと爽快な気持ちで一日の疲れも”トンデー!トンデー!トンダー!”かも~~~

2007年6月13日 (水)

通行料

Imgp8330 Imgp8301 平戸には、朱塗りの吊り橋の平戸大橋とスカイブルー色のトラス型世界一の生月大橋があります。島の生活は、美観な大橋のお陰で生活が一変して豊かな便利なものになったようです。特に、交通アクセスや医療や情報*経済流通などの利便性が飛躍的だったようです。橋の通行料は、生月大橋で町村合併前は600円から合併後は200円に下がったそうです(島の人は、合併メリットは橋の通行料が下がったぐらいかも?と言っていました)。平戸大橋は100円ですが、深夜になると職員がいなくて箱に入れるだけで(賽銭箱みたいに)人それぞれで通過していくようです。”世界ふしぎ発見”ですよね!みなさん!今夜は、梅雨入りにて、一人で寂しく缶ビールと一杯の酒で酔って9時に寝て夢の世界へ入っていきます~~~

2007年6月12日 (火)

島と教会

Imgp8313 Imgp8319_1 平戸島と生月島には、教会が多いことに驚かされます。それも大小様々の教会がみられ”祈りの島”の歴史と心が偲ばれ、現在も”祈りの精神 "が生き続いていて地域に密着したエネルギーを感じます。実に、山間の中に棚田が綺麗に整備されて耕地が狭い高台にあっても生活観があって良いです。長崎県では五島を中心にした”教会群の世界遺産”獲得で盛り上がっています。そんな中で、平戸の教会群は印象が無いようですが”紐差教会””田平教会”など立派な教会があります。そして、最初に小値賀の”野首教会”を作った鉄川与助の名が”紐差教会”のロマネスク調の建築者として名があり驚かされました。上五島の偉人建築家です。歴史とロマンと祈りの島の中で、夕陽を感じて一人でビールを飲んでいます~~~

2007年6月11日 (月)

百円販売

Imgp8294_2 Imgp8335 島の道のいたる所に”百円ショップ”の販売所がみられます。最初は無人販売で驚きでビックリドンキーも卒倒しそうな安さです。質と量を考えて儲かった気持ちになります。島のお年寄りの気持ちで作られた野菜や作り花が輝いています。家の食卓や家の中に、食材と花があると安心の気持ちで”地産地消”の原点があるようです。経済的利益でなく長く安定した人間の心が広がるのが大切であり、”地産地消”で地元のエネルギーのある子供の頃から食している物を体に摂っていくことで心身の健康が宿されていくように思う一日でした。今夜は、ゆっくり出来る日で地元の食材を食べて地元の花を見て気持ち良くなっていく酒宴でした~~~

2007年6月10日 (日)

夕焼け

Imgp8256 Imgp8270 今日の夕焼けは、斜めに直線的な不思議な雰囲気でした。三日月町付近の車からの景色です。山に沈んでいく夕日は、海の水平線の夕日と異なり色彩に変化があり見慣れない驚きがあるようです。一瞬、横見運転して危険ですね!其々の地域の自然が感じられた時間でした。ある人は言われますが、”写真は朝日はとるが夕日は好まれないようです”と聞いたことがありますが、今日の夕日は不思議な心にさせてくれたようです~~~

2007年6月 9日 (土)

無呼吸発作かも?

Imgp8082_1 昨夜から、体調がアンバランスで疲労感が蓄積して具合が良くありません。”無呼吸発作かも?”頭がぼーっとしている午前中です。いろいろの思いをめぐらして水平線の彼方の故郷をみつめています。”近くにありて遠きかな故郷”の心境です。スローな時間で体調を緩やかにコントロールして、大過換気症候群かも?で暴走するかもしれません~~~

2007年6月 8日 (金)

夕空

Imgp8157 Imgp8155 花の金曜日で開放感を感じる夕方です。島の”サンセットウエイ”を天気も良いのでドライブしました。島の西側は男性的な断崖のロックが圧倒感を感じさせてくれます。そして、西の水平線の夕空は永遠で透明感を感じさせる気持ちになります。空や海は、一瞬一瞬に人間の感情の如く種々の顔を見せてくれます。夕空を遠く見つめながら、夕空は一日の疲れを癒してくれます。そして、週末の夜は好きな酒を頂きつつ静かに緩やかな時間を過ごしていきます~~~

2007年6月 7日 (木)

風と食

Imgp8052 Imgp8081 Imgp8075 島全体の地形が山多く平地が少なくて海が近くにあり周囲の潮流が早くて男性的な雰囲気が満ちている風光明美な島です。風が吹いて棚田が綺麗で空の変化に飛んで水の綺麗な地域です。周りの海の幸に富んでいて、トビウオや鰯やアジやカマスやイカやウニやアワビが旬の時期で最高です。また、トビウオの干した”アゴ”が有名です。最近は、ヒラメ料理で地産地消で観光の目玉にして”ヒラメの縁側”は最高です。そして、地形を利用して”平戸牛”の生産牛が野原に多くいます。それから、巨大な電力風車がみられ”風の島”の象徴となっています。夜になると、棚田からの蛙の演奏会で酒と海の幸を頂き晩餐会が始まります~~~

2007年6月 6日 (水)

朝の輝き

Imgp8121 朝陽の輝きにて早起きです。二階の窓から、海面の光と潮流の静かな佇まいに感動して無心なひと時を過ごしました。光のエネルギーを痛感し自然の癒しに感謝です。古の時代から人は同じような心を懐いて力強く生きてきたと思います。昨今の中国の越境環境汚染や先進国の京都議定書(排出CO2など)の反発などをみると地球環境や自然の在りようを考えさせられます。心と自然の付き合いも大切と考えながら、酒と体と心の調和も大切だなーと少し考えている夜です~~~

2007年6月 5日 (火)

窓から

Imgp8117 窓から、いつも3時30分頃に島を過ぎていく船に目をやっています。いろいろの思いを感じつつ、静かな青い海面を走っていく”フェリー太古”の姿に見とれております。今の仕事場が高台で展望の素晴らしい所で視界にはいります。そのせいか、6月1日に佐世保地区に地上デジタル放送が始まりましたが、生月では2009年に開始予定ですが既に映るようです。意外と便利な島で海の幸も豊かで良いかなーと思う一日でした~~~

2007年6月 4日 (月)

リラックス

Imgp8092 Imgp8050 ひとを癒すのは、医療だけでないようです。治癒力には、家族や友や自然の風景や音楽や思い出などがあるようです。リラックスすることで自律神経系やホルモン系や免疫系が作用してストレスや疲労回復に関わっているようです。九州癌センター院長先生は、”癒しの画像*心の薬”でHP(ホームページ)に映像を公開して人々の癒しに医療データを超えたところに”癒しや憩い”を感じて欲しいそうです。まったく感動の一言でした。今のグローバル化のなかで差別化や生命軽視などの時代に、日本の四季の景色やゆったりとした心や時間や懐かしい出来事を思い出すことが大切に感じてなりません。今日は、西日本新聞の”健康*医療”(個人的に大好きで読んでいます)からの引用させて頂きました。私のブログも、少しだけでも癒しの世界に近づければと思いつつ酒を頂いて穏やかな時間を過ごしています~~~

2007年6月 3日 (日)

知ってます?

Imgp8078 Imgp8072 皆さん!島の”生月大橋”がCMの場所だったのを知っていますか?トヨタの高級車”レクサス”の素敵なオシャレな宣伝の舞台が”生月大橋”だったようです。ブルースカイを貴重にした幾何学的な構造スタイルが未来的で優雅な高級感を漂わせています。まさに!”風と海と空なかで”のテーマのシンボルマークに相応しいようです。また、島の厳しさを感じさせてくれている”生月大橋”かもしれません。今日は、田んぼから(棚田)聞こえる蛙の音を聞きながら、酒を友にして静かに時間が過ぎて行くようです~~~

2007年6月 2日 (土)

予感

Imgp8000 Imgp7962 ようやく、体と心の調和が安定してきているようです。久しぶりの日当直でした。仕事は多忙でした。人の気持ちと自分の気持ちにリズム感が出てきたようです。多分、これから自分の務めを少しずつ歩めそうです。不思議ですね、経験的に休日の磯時期は海の事故の急患が多いので心配していましが、大変な午後の時間でした。医学はアートとサイエンスと言われていますが、体力とハートとサービスが大切に思わされた一日でした。今夜は、仕事で禁酒の日で”無呼吸発作症候群かも”で睡眠して意識なくさないようにせんといかん~~~

2007年6月 1日 (金)

梅雨と磯

Imgp7977 Imgp7938 今朝から天気が良かったと思っていたら、午後より雨が降り出して嫌な天気模様になりました。九州では”梅雨入り”宣言が出たようです。九州北部も”梅雨入り”のようです。島では、磯時期(ウニやサザエなどの海産物を磯に入って取ります)や素潜りの鮑とりで海に活気があるようです。6月の大潮で満月の時期までで磯でのウニ取りは終わるようです。今の時期、生月島や五島の島々では静かなゆったりとした田舎の風景が見られるようです。今夜は、願わくば磯の香りを感じてウニで酒を頂きたいと思います。今年は、まだ生月の”島もんじゃないけん”無理のようです~~~

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

最近の写真

  • Img_4558
  • Img_4563
  • Img_4579
  • Img_4583
  • 20191120_121353
  • 20191118_164417
  • 20191118_164520
  • 20191118_164530
  • 20191118_164631
  • Img_4537
  • Img_4540
  • Img_4541